自分に合うぴったりの相性の乳酸菌を見つけるには

乳酸菌は人によって相性がある

毎日、一生懸命、健康のためにと思って、ヨーグルトや乳製品を食べているのに、全く効果が感じられない・・・といった場合、現在、あなたが摂取している乳酸菌の種類を疑った方がいいんです。

その理由は、人それぞれ自分に合ったぴったりの相性の乳酸菌があるからなんです。

結論から書くと、自分と相性の良い乳酸菌を見つけるためには多くの乳酸菌を摂取して身をもって試していくしか方法はないんです。

そして、1週間ほど同じ乳酸菌の摂取を継続して自分に合っているかということを自らで判断していく必要があるんです。

それを聞くと世の中に多くの乳酸菌サプリメントが販売されている意味も分かるのではないでしょうか?

乳酸菌と腸内環境との相性

日本人の腸内との相性が良いといわれている乳酸菌は植物性乳酸菌となるんです。
主に味噌や漬物に含まれる乳酸菌なんですね。

乳酸菌が含まれる食品として有名なものはヨーグルトやチーズとなると思うんです。
ですが、実はそれらに含まれる乳酸菌は動物性乳酸菌といったものになるんです。

もちろん、人それぞれ腸内では相性の良い乳酸菌は異なりますから動物性乳酸菌との相性が良い日本人も居ます。

しかし、一般的に日本人には古来より食の関わりの深い味噌や漬物に含まれる植物性乳酸菌の方が相性が良いといわれています。

このほかにも、植物性乳酸菌は、キムチや塩麹など含まれています。

植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べて胃酸に強く生きたままの乳酸菌(生菌)が腸まで届くといわれているんです。

オリゴ糖は腸内に住み着いている善玉菌のエサ

オリゴ糖は腸内にもともと住み着いている善玉菌のエサとなるんです。

つまり、外部から乳酸菌を摂取するというわけではなく、もともと腸内に生息している善玉菌を強くするという働きをもつんですね。

一生懸命、自分と相性ぴったりの乳酸菌を見つけようとたくさんの乳酸菌を試しているけど・・・未だ見つからない・・・といった際にオリゴ糖を摂取するというのはいいかもしれません。

ですが、基本的にオリゴ糖は善玉菌の好物となるんですが、摂取したオリゴ糖の種類(イソマルトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖など)によりそのオリゴ糖を嫌う善玉菌もいるんです。

また、腸内に生息する善玉菌は年齢を重ねるごとに減少していくんです。

オリゴ糖は腸内に生息している善玉菌にたいしてエサを与えるわけですが、生息している善玉菌が少なくなっているとオリゴ糖ばかりを摂取していも意味を成しません。

ですから、いずれは外部から乳酸菌を摂取していかなければならなくなるということなんです。

まとめ

誰もがですが、簡単には自分にぴったりと相性の合った乳酸菌を見つけるのは難しいということなんですね。

私は多くの乳酸菌が配合されているサプリを摂取することで最も早く効率よく自分に合った乳酸菌を見つけることができると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加