乳酸菌とビフィズス菌の違いとは

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌はどちらも人間の腸内(小腸~大腸にかけて)に存在/生息する善玉菌となっています。

それらの菌の生息の様子を花畑に例えて腸内フローラなどとも呼ばれていたりしますね。

年齢と共に善玉菌は減少!サプリで補う必要性?

人は年齢を重ねるにつれて(特に中年以降)、体内のビフィズス菌は減少していくこととなるので、食品やサプリメントといった健康補助食品などで補う必要が出てきます。

この善玉菌の乳酸菌とビフィズス菌には実は違いがあるんです。

  • 乳酸菌は糖を分解して乳酸を作り出します。
  • 対してビフィズス菌も糖を分解して乳酸を作り出します。

「???」ですよね。

ここまでは乳酸菌とビフィズス菌は同じなんです。

これが乳酸菌とビフィズス菌が広意義で同じものとしていわれる理由なんですね。
(乳酸菌とビフィズス菌を同じ菌と思っている人も多いと思います)

専門書などを見ても、乳酸菌とビフィズス菌は同じ菌として扱われているものもあるくらいです。

ですから、厳密に分類すると乳酸菌とビフィズス菌は違うという話なんですね。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

そして、乳酸菌とビフィズス菌の違いなんですが、糖(ブドウ糖、乳糖、オリゴ糖など)を分解したときに作り出す乳酸が、

  • 50%以上=乳酸菌
  • 50%未満=ビフィズス菌

の違いなんですね。

ビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸や葉酸を作り出すことが出来るんです。
(私たちの腸内の99.9%(約1兆~10兆個)がビフィズス菌が占めているんです)

これにより、まず乳酸菌とビフィズス菌は決定的に分類されるんです。

基本的に乳酸菌の働きはビフィズス菌が腸内で生息するためのより良い環境を作るといったサポートする役目を担っています。

乳酸菌とビフィズス菌の生息場所

そして、乳酸菌は体内の至るところ、主に小腸に多く存在しており、ビフィズス菌は大腸のみに存在しているといわれています。

また、乳酸菌は酵素をもっており、ビフィズス菌は酵素をもっていません。

ビフィズス菌は酸素があるところでは生きていけませんが、乳酸菌は酸素があるところでも生きていくことが出来るという違いもあります。

そのため、ビフィズス菌は自然界には存在していませんが、乳酸菌は自然界にも多く生息しているんですね。

乳酸菌とビフィズス菌の名称

乳酸菌とビフィズス菌それぞれの生物学的名称も異なっているんです。

  • 乳酸菌はラクトバチルス、ラクトコッカスなど
  • ビフィズス菌はビフィドバクテリウム

となります。

善玉菌は総称しての呼び名(まとめ)

総称して善玉菌

こういった説明にすると、善玉菌がビフィズス菌と乳酸菌の2種類と勘違いするかもしれませんが、ビフィズス菌にも何種類もあり、乳酸菌にも何種類もの菌種が存在するんです。

ただ、ビフィズス菌と乳酸菌のそれぞれが”属”で分類されているというだけの話なんですね。

例えば、ビフィズス菌なら、ブレーベやロンガム、といった様な種類が存在するわけなんです。

これら全てを総称して善玉菌と呼んでいるんです。

腸内との相性による定住菌&通過菌も存在

つまり、善玉菌には何種類もの菌が存在するということなんですね。
(悪玉菌も同様に何種類もの菌が存在しています)

また、人それぞれで腸内との相性による定住菌や通過菌も違います。

自分に合うぴったりの相性の乳酸菌を見つけるには

※定住菌とは摂取した後に体内に住み着く菌、通過菌とは住み着かずにすぐに排出される菌となります。これには個人個人の腸内との相性が関係するんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加