ダイエットにも健康にも食べる順番は重要ということ

食べる順番が重要

ダイエットや健康を意識したときにまず意識しなければならないことは日頃の生活習慣なんです。

私たちの体を作っているのは日々の生活なんですね。

そして、なによりも『普段食べているもの』が私たちの、

  • 考えたり
  • 動いたり

という活動エネルギーになっているんです。

ですから、普段食べているものにこだわることは非常に大事なんですが・・・実はその食べ方も重要なことの一つになるんです。

その食べ方も悪ければ、食べるものの栄養は台無しになってしまいます・・・。

食べる順番が重要?

食べる順番とは、ご飯の時間に食卓に並べられた一品一品の食べる順番のことです。

白米、お魚、野菜、お味噌汁などなど、日々違うものが食卓には並べられると思います。

この一品一品の食べる順番にダイエットや健康への秘密が隠されているんです。

是非とも今日から実践していってほしいと思います。

誰にでも当てはまるダイエット方法/健康方法となりますから。

まずは野菜(食物繊維)から

まずは野菜から

必ずまずは野菜から食べてください。
これは絶対です。

そして、続いて、肉や魚といったタンパク質、続いて、米などの炭水化物を摂取していきます。

つまり、食べる順番は、

  1. 食物繊維
  2. タンパク質
  3. 炭水化物

の順番です。

最初に大量に食物繊維を摂取して、タンパク質と炭水化物の間でまた食物繊維を摂取、さらに最後に食物繊維を摂取という順番でも構いませんよ。

むしろ、その食べ方は、非常に良い傾向なんですね。

タンパク質や炭水化物は消化に時間がかかるものとなるので、野菜に含まれる食物繊維やビタミン、ミネラルが消化を助ける働きをしますから。

重要なことは食事の最初に必ず食物繊維から摂取するということなんです。

これだけを守ることで、ダイエットにも健康にも非常に良くなるんですね。

ダイエットや健康に食べる順番が重要な理由

生活習慣病の予防

理由には野菜から食べることによって、体内の急激な血糖値の上昇を防ぐことができるんです。

ここから少し専門用語が出てきますが、がんばって理解してほしいと思います。

今後のあなたの体にとって大変重要なことになりますから。

いきなり、肉や魚、米、といったタンパク質や炭水化物を体内に入れてしまうと膵臓(すいぞう)からは大量のインスリン(インシュリンとも呼ばれます)というホルモンが分泌されることになるんです。

基本的にインスリンは血糖値を下げる役割を担っているため、空腹の状態でいきなり、タンパク質や炭水化物を摂取してしまうと必要のない(ムダ)量のインスリンを分泌してしまうことになるんですね。

すると余ったインスリンは食べたものを脂肪へと変えてしまうんです。

ですから、野菜、つまり食物繊維やビタミン、ミネラル、から摂取することによって、ムダなインスリンの分泌を防ぎ、余計な脂肪を蓄えることがなくなり肥満への予防とともに高血圧などの予防にも繋がるというわけなんですね。

さらに、食物繊維から摂取することで、腸内での糖質の吸収を緩やかにして、血糖値の上昇も防ぎ、そして、食欲抑制の働きをするインクレチンというホルモンの分泌も促されることになるんです。

これが、食べる順番がダイエットにも健康にも重要な理由になっているんです。

日頃、食卓に並べられたご飯の食べる順番を意識するだけでも、ダイエットや健康、生活習慣病への対策や改善になるので、しっかりと注意して頂ければと思います。

これらをまず実践した上でダイエットに良いとされるサプリ等を取り入れるのがおすすめです。

美容 健康 ダイエット効果のあるサプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加